第3章 点火の後

アシュタールに出会ってから、私の住む世界は変わり始めた。
 
それまでの私は、どちらかというと受け身で、あまり自己主張をするタイプではなかった。
けれどあの日以来、薄皮を剥くように、少しずつ、自分の本当の気持ちを新たに発見する事が多くなった。
 
私は人を癒す事に喜びを見出し、それまでの仕事を辞め、リラクゼーションの仕事に就いた。

けれど、外に出て遅い時間まで働く事に、夫はあまりいい顔をしなかった。
 

夫には、自分にないものを感じて結婚した。
結婚して、すぐに子供が出来た。
 
子供が生まれると、夫はよく面倒をみてくれた。

けれどいつからか、仕事のストレスのため、夫は感情的に怒鳴る事が多くなった。
 
まるで人が変わったように思えた。
 
彼は家族を養うために、自分の魂を犠牲にしているような気がした。
 
彼の魂は、本来もっと自由で、のんびりと生きていきたいと望んでいた。
 
けれども現実は、毎月の家賃や生活費やローンの支払いのために、日々身を削って働き続けていた。
 
自分の天職を見つけ、心から仕事を楽しんでいる私を見て、夫が面白くないのも無理はなかった。

夫の言動が、しだいに私を否定するものに変わってきた。
 

それでも、またいつか一つになれると信じた。
 
変わりつつある自分を、受け入れてもらう努力をする私と、以前の関係を維持しようとする夫。

言いかえれば、お互いが成長するために必要な相手だったのかもしれない。
けれど、いつからか、一緒にいて心休まる相手ではなくなっていた。
 

苦しさがピークに達した私は、夫と別れる事にした。

私が「点火」されなければ、結婚生活はずっと続いていたかもしれない。

けれど私は、自分らしい本当の生き方にようやく出会えたと思っていた。
もう後戻りはできなかった。

夫と何度も話し合い、家族にとって何がベストなのかを考えた。
 

自分の波動が変わるたびに、出会う人、去ってゆく人がいた。私の周りの環境も、少しずつ変わっていった。

点火を経験するという事は、それまでの人生ではなくなってしまうという事だったのだ。


あのセッションの最後に、アシュタールは、
「あなたはずっと、ソウルメイトを探し続けています」
と言った。
 
子供の頃からずっと、自分には魂の片割れがいると信じていた。
その相手と出逢うのを夢見て、自分が探していたのは夫だと思って結婚した。

けれどアシュタールに出会った頃には、本当に今の夫が、自分の探していた相手なのかと考えるようになっていた。

結婚した事は、間違いではなかった。
ただ夫と私、2人がともにいる事で学ぶべき事は、すべて学び終えた。そんな感覚だった。
 

その一方で私は、自分の魂の求めている唯一無二の存在が、この世界のどこかにいるのではないかと、漠然と思いを巡らせていた。